« クマの桜桃忌 | トップページ | 元気村大賑わい »

2019年7月 9日 (火)

旅回りが終わったら・・・

クマでーすT_bear_a05_20190709164501

6月28日から続いていた旅回りの仕事が一段落したけれど、クマの食料畑は草だらけで大変なことになっていました。だけど、無農薬ほったらかしの野菜たちはたくましく生きてるぜ。はやくイモ食いてぇー

Photo_20190709164601 Photo_20190709164701 Photo_20190709164702 Photo_20190709164702

ジャガイモ   トウモロコシ  パプリカ    毛豆  ぜーんぶ雑草だらけ(笑)

旅回りの始まりは、長野県小諸市にある安藤百福記念財団(日清食品)での日本ロングトレイル協会の総会とJAPAN TRAIL制作委員会でした。JAPAN TRAILは、東京オリンピックと大阪万博が終わった後に、新しい日本の旅のスタイルや価値観を国内外へ発信する壮大な国家プロジェクトになりそうだね。奥津軽トレイルもルートに入ってるよ。

1_20190709164901 2_20190709165001 3_20190709170101

JAPAN TRAIL制作委員会     安藤百福センター

そして、下北半島佐井村で開催された第3回津軽海峡伝統芸能祭へ津軽民謡チームを編成して参加しました。津軽海峡交流圏の交流プロジェクトは「ひばサミット」から始まり、「伝統芸能祭」へと飛び火しました。津軽半島・下北半島・北海道渡島半島檜山地方には優れた伝統芸能が継承されています。

  6_20190709165901 2_20190709165801 1_20190709165201 5_201907091703014   3_20190709165901 7

 三番叟     津軽民謡    福浦歌舞伎   江差追分    矢越歌舞伎   土場の獅子舞  佐井村アルサス

さらに、この津軽海峡交流圏ではヘルスツーリズムの連携も進めています。一般社団法人かなぎ元気村では奥津軽トレイルを主催していますが、これをベースにしたDAZAI健康トレイルが、昨年度より始まったヘルスツーリズム認証制度において全国第一期のプログラム認証を取得しました。もちろん青森県では初めてです。この認証プログラムをモデルとして体験し、下北半島や道南江差の自然環境や土地の物語を活かしたヘルスツーリズムの可能性について意見交換をしているわけです。難しい話になりましたが、セットされた施設や景観観光は先細りしており、ゆっくりと地域の魅力を楽しむスタイルへと旅の価値観が変わりつつあります。

2_20190709171001 3_20190709171201 4_20190709171201 1_20190709171301  

眺望山トレッキング 青森ひば   トレイル談義  元気なお姉さん

 

« クマの桜桃忌 | トップページ | 元気村大賑わい »