« 2018年7月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月27日 (土)

元気村からゴールデンウィークの営業についてお知らせします。

クマでーす

今日は一日中寒かったですね。おまけに今夜は雪になるそうです。

さて、元気村からゴールデンウィークの営業について心苦しいお知らせです。

明日から金木桜まつりが開幕しますが、有難いことにお花見と三味線大会のお弁当や田舎暮らし体験の予約がこの時期に集中し、スタッフが対応しきれなくなったことで、通常のカフェとランチの営業をお休みさせていただくことになりました。(既にご予約の方は大丈夫です)

せっかくおいでいただく皆様には残念な思いを抱かせることになりますが、今後も皆様からご贔屓をいただくことで地域の雇用を高め、より良いサービスを提供できるように努めます。人手不足の現状を正直にお伝えし、深くお詫び申し上げます。

2019年4月18日 (木)

穏やかな元気村

クマです。T_bear_a05_1

昨日から気温20度超えが続いています。あちこち一気に水仙の花が咲き出しました。3月末からゴールデンウイークまでは観光の谷間で人影もまばらだし、あちこち農作業に忙しいらしく、元気村ものどかです。ヒマだってのは良くないのですが、仕事は山ほどあります。

昨日から裏庭のキャンプサイトにウッドデッキを設置しており、ヨシズ囲いをすれば準備オッケー。母屋の内部もまた徐々にシブい雰囲気になってきました。クマの終のすみかになるのかな。

昨夜は地元のグループの炉端宴会があり、地産地消オンパレードでした。水草カレイ、ヤリイカ、 葉ワサビ、野アザミ、フキノトウ、タラの芽、春シイタケ、などなど 山菜が出始めたのでどんどんバリエーションが増えますよ。  

 

2 1 2_1 1_1 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

2019年4月15日 (月)

元気村のグランピング

元気村のクマです。 T_bear_a05  先日の土日は八甲田山岳スキーガイドのシフトでした。今年の八甲田は残雪が多く、ゴールデンウィーク過ぎもバッチリ楽しめそうです。おいらはぜんぜん冬眠しないクマなので冬の間はギンギラギンですねー

元気村のキャンプサイトは今月中にウッドデッキとヨシズ囲いの工事を完了し、5月から再開する予定です。グランピングとは言うものの、一般的によく見る三角形の豪華テントではなく、もっとライトなタイプです。

仕様は、モンベルムーンライト9(9人用)に普通の布団を敷きますが、これはこれで快適で、LEDランプ、電源タップ、wi-fi完備で全く不自由ありません。元気村の裏には田んぼが広がり、人工の灯りが全く無いのでお天気に恵まれれば満天の星空が広がります。お食事は茶房「鄙家」の田舎料理かバーベキューが選べます。お風呂もトイレも快適、悪天候時は母屋へエスケープするので安心です。

が、しかし、ここは純農村地帯なので、どこの家もめちゃくちゃ早く寝るのです・・・なので、早めの食事を楽しんだ後は焚火を囲んで非日常的な静寂さに包まれます。元気村のグランピングは定員6名、手ぶらでオッケーです。ぜひ一度お試しください。

Photo_12 Photo_9 Photo_10 Photo_11

 

2019年4月11日 (木)

茶房「鄙家」通信

かなぎ元気村の熊オヤジと言われている伊藤です。風貌も体格もその通りなので否定できません(笑)今日は続きで元気村の茶房「鄙家」(ひなや)をご紹介しましょう。鄙家ってふつう読めないですよね。「鄙」の意味はなかなか風雅でして、「静穏」という意味だそうです。都から離れた静かな場所にある家、というのが鄙家なのです。この名前を付けた我が社のT女史はなかなかの知識人だと思いました。この他にもお寺の行事へ精進料理を納めたり、これからですと農作業の助っ人のお弁当に応じたりしています。ぜひお立ち寄りください。

①カフェとランチのメニュー    ②宴会や折詰の一例

    Photo_7      Photo_8

2019年4月10日 (水)

かなぎ元気村がリニューアルオープンしました。

かなぎ元気村が冬眠から覚めて営業を再開しました。母屋は冬眠中にコツコツとふすまやガラス戸をパズルのように組み替えてお金のかからないリニューアルを進めていました。かなり使い勝手が良くなり、雰囲気が明るくなった気がします。

通常営業日と時間は、(木)(金)(土)(日)(祝日) 午前10時~午後4時までとなります。

先ずは太宰治の小説「津軽」から始まる入口にご注目ください。

  Photo Img_8903

そして玄関前の小部屋は隠れていた囲炉裏が実用的に復活し、大きな囲炉裏と共に炉端料理が楽しめます。

Photo_1 Photo_2

ここは疎開時代の太宰治がよく遊びに来て、囲炉裏端でニコニコしながらお酒を飲んでいたそうです。

 

Photo_3 Img_8897

二間続きの座敷は元からある古いふすまを修理してはめ込みました。さらに寝転んでくつろげる小部屋も出現しました。 

Photo_4 Img_8907  

二つの屋根裏部屋はとても気分が落ち着き、文士になったようで何やら創作意欲がわいてきそうです。

Photo_5 Photo_6

元気村ではランチやカフェも楽しめます。写真は青森りんごと地場産野菜の元気村カレーと元気村のさくら飯(焼飯風)です。

ご宴会やお料理の予約などは次にお知らせします。

どうぞお気軽にご利用ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 2018年7月 | トップページ | 2019年5月 »