2019年8月 5日 (月)

野生の証明

くまでーすT_bear_a05_20190805223901

昨日の夕方からおいらは一人でジャガイモ掘りしてたのだ。クソ暑くてフラフラだったけど超おもしれー。完全無農薬ほったらかしで、モグラやネズミも散々かじってたみたいだけど、こんなに採れたよ。こいつらは「野生の証明」みたいなやつらだった。クマは小粒のイモを素揚げにして、スモーキーなベーコンと合わせてビール飲むのがたまらなく好きだな。さっそくリクエストされてる料理家のSさんに送ろう。毛豆・だだちゃ豆・茶豆・トウモロコシも元気に育ってるよ。

Dsc_0009  Dsc_0004 Dsc_0003 Dsc_0007

2019年7月21日 (日)

元気村の賑わい

クマでーすT_bear_a05_20190721212601

昨夜の元気村は、おいらの八甲田バックカントリースキーの仲間たちでにぎわいました。全国各地から夕方元気村に集合で、朝から釣りに出てたメンバーはどでかい真鯛やサヨリを釣り上げて堂々の凱旋。地場産の野菜と合わせて彩り豊かな大宴会だったよ。この人たちは傷みと雨漏りに悩まされていた元気村の茅葺屋根を葺き替えてくれた親愛なるメンバーたちさ。元気村の住民として時々こうして集まってくれるのがクマは嬉しいのだ。

Dsc_0111 Dsc_0112 Dsc_0115 Dsc_0117

2019年7月13日 (土)

元気村大賑わい

クマはうれしーいT_bear_a05_20190713215901

今日の元気村は五所川原市飯詰のいずみ小学校の親子レクでした。

Img_0500 Img_0502 Img_0505 Img_0506  

親子で雲平づくりは超ほほえましくてクマは本当に嬉しかったな。子供たちは一所懸命に米粉をこね回して、美味しく出来た雲平に歓声を上げてました。元気村は星空観察もバッチリさ。おいらは日が暮れるまで仕事してるから天の川も見てるよ。みなさんまた来てねー

Img_0508 Img_0510 Photo_20190713220201

2019年7月 9日 (火)

旅回りが終わったら・・・

クマでーすT_bear_a05_20190709164501

6月28日から続いていた旅回りの仕事が一段落したけれど、クマの食料畑は草だらけで大変なことになっていました。だけど、無農薬ほったらかしの野菜たちはたくましく生きてるぜ。はやくイモ食いてぇー

Photo_20190709164601 Photo_20190709164701 Photo_20190709164702 Photo_20190709164702

ジャガイモ   トウモロコシ  パプリカ    毛豆  ぜーんぶ雑草だらけ(笑)

旅回りの始まりは、長野県小諸市にある安藤百福記念財団(日清食品)での日本ロングトレイル協会の総会とJAPAN TRAIL制作委員会でした。JAPAN TRAILは、東京オリンピックと大阪万博が終わった後に、新しい日本の旅のスタイルや価値観を国内外へ発信する壮大な国家プロジェクトになりそうだね。奥津軽トレイルもルートに入ってるよ。

1_20190709164901 2_20190709165001 3_20190709170101

JAPAN TRAIL制作委員会     安藤百福センター

そして、下北半島佐井村で開催された第3回津軽海峡伝統芸能祭へ津軽民謡チームを編成して参加しました。津軽海峡交流圏の交流プロジェクトは「ひばサミット」から始まり、「伝統芸能祭」へと飛び火しました。津軽半島・下北半島・北海道渡島半島檜山地方には優れた伝統芸能が継承されています。

  6_20190709165901 2_20190709165801 1_20190709165201 5_201907091703014   3_20190709165901 7

 三番叟     津軽民謡    福浦歌舞伎   江差追分    矢越歌舞伎   土場の獅子舞  佐井村アルサス

さらに、この津軽海峡交流圏ではヘルスツーリズムの連携も進めています。一般社団法人かなぎ元気村では奥津軽トレイルを主催していますが、これをベースにしたDAZAI健康トレイルが、昨年度より始まったヘルスツーリズム認証制度において全国第一期のプログラム認証を取得しました。もちろん青森県では初めてです。この認証プログラムをモデルとして体験し、下北半島や道南江差の自然環境や土地の物語を活かしたヘルスツーリズムの可能性について意見交換をしているわけです。難しい話になりましたが、セットされた施設や景観観光は先細りしており、ゆっくりと地域の魅力を楽しむスタイルへと旅の価値観が変わりつつあります。

2_20190709171001 3_20190709171201 4_20190709171201 1_20190709171301  

眺望山トレッキング 青森ひば   トレイル談義  元気なお姉さん

 

2019年6月26日 (水)

クマの桜桃忌

クマでーすT_bear_a05_20190626104901

ここ金木町の6月19日は太宰治の生誕祭です。明治42年(1909年)生まれの太宰は生きてたら110歳ってことさ。でも、おいらは個人的に「桜桃忌」って名前が好きだな。   

今週はようやく太宰関連が一段落したので、限定醸造の日本酒「DAZAI」と元気村の無農薬野菜を肴においら一人の桜桃忌を決め込みました。 赤いのは桜桃ではなく、コカブやはつか大根ですが、これまたいい雰囲気さ。葉っぱも全部美味いよ。

Img_0339_20190626104901 Img_0332_20190626104901   

2019年5月31日 (金)

芽が出てきたぞー

クマでーすT_bear_a05_5

このところにわか雨が降るようになってかなり涼しいです。まぁ5月だから本当はもっと寒くなきゃいけないのさ。おいらの好物のタケノコはとうとう行けずじまいだな・・・でも、大切に育ててる野菜が面白くなってきました。クマの怪しい友達がリクエストしている枝豆とトウモロコシは元気村を縄張りにしているクソガラスどもの襲撃を厳重にガードしてポットで苗づくりをしてるんだけど、ニョキニョキと芽が出始めたよ。

Photo_22 Photo_21 2_5

それに普段草刈りをしている場所が実は美味しい野草の大群落に変身してました。浅葱(あさつき)と分葱(わけぎ)です。春先に気がついてたら酢味噌和えで酒の肴にしたんだけど、今度は根っこに味噌つけて食べよう!! 美味しいクマの餌だよ(笑)

Photo_23 Photo_24

2019年5月26日 (日)

北日本砂漠??

クマでーす。

5月に入ってからほとんど雨無し・・・マジで大変です。広~い元気村の畑も砂漠状態ですが、「生き物はなるべく殺さない」ってのがおいらのポリシー。おめーらは絶対に生かして美味しく食べてやる!! 夕方は毎日たっぷり時間をかけて水やりをしています。元気村には井戸もあるんだぜー。反宮沢賢治で日照りの夏もオロオロしたりしない。与えられた場所で絶対に命をつないでやる。やるぜー五農魂。

2019年5月23日 (木)

村のピザ始めました。

クマでーす T_bear_a05_4

山はタニウツギやフジの花が咲いてタケノコ採り真最中です。しかし、本物のクマに襲われたニュースが増えてきました。恐いね。

元気村は「村のピザ」も始めたよ。自家製のアンチョビや季節の山菜など、トッピングはその日のものですから、何が出てくるかは謎だよ。

Photo_15

雨が降らないけれど、畑も五農魂で頑張ってます。イモ類は「里いも」「サツマイモが3種類」「じゃがいもが3種類」「アピオス」「キクイモ」を植え付けました。枝豆3種類、トウモロコシ3種類あるけれど、くそガラスどもが手当たり次第に掘り起こして食っちまうので苗に育ててから植えます。そのほかは何でもありで、ホームセンターからトマトやらナスやらの苗、諸々の種、無計画衝動買いがまだまだ続きますよ。

1_5 2_4 Photo_19 Photo_20 Photo_18 Photo_17 Photo_16

2019年5月16日 (木)

元気村のキッチンガーデンプロジェクト

クマでーす T_bear_a05_3

連休明けの農村は代かきと田植えで大忙し。林檎の花も満開で新緑と合わせて一番好きな季節になりました。山にはクマの好きな山菜もあるしね。クマは五所川原農林高等学校林業科出で、土や森に向かうと「五農魂」に火が着きます!                          そんなことで定休日の間中も孤軍奮闘で草刈り、畑づくり、グッズづくりをしていました。

1_3 3 2_3 5_1

グッズづくりをしていたら、たまたまおいらの遊び友達に見られてしまい、「ぜーんぜん似合わねー」とか「哀れで涙でるー」なんて言われました(笑)。これから雨の日にはヒバや雑木を活かしてグッズづくりをしていきます。

1_4

2019年4月27日 (土)

元気村からゴールデンウィークの営業についてお知らせします。

クマでーす

今日は一日中寒かったですね。おまけに今夜は雪になるそうです。

さて、元気村からゴールデンウィークの営業について心苦しいお知らせです。

明日から金木桜まつりが開幕しますが、有難いことにお花見と三味線大会のお弁当や田舎暮らし体験の予約がこの時期に集中し、スタッフが対応しきれなくなったことで、通常のカフェとランチの営業をお休みさせていただくことになりました。(既にご予約の方は大丈夫です)

せっかくおいでいただく皆様には残念な思いを抱かせることになりますが、今後も皆様からご贔屓をいただくことで地域の雇用を高め、より良いサービスを提供できるように努めます。人手不足の現状を正直にお伝えし、深くお詫び申し上げます。

«穏やかな元気村